農業次世代人材投資資金


次世代を担う農業者となることを志向する者に対し、就農前の研修を後押しする資金(準備型(2年以内))及び就農直後の経営確立を支援する資金(経営開始型(5年以内))を交付します。


私は準備型を利用せず、農の雇用事業約1年からの経営開始型です。準備型をやってからでもよかったのですが、早く就農したかったので、準備型を飛ばしました。
自己資金をためるためには、準備型からの経営開始よりも、給料もらいながら学ぶ。これが一番いいです。
ちなみに、給料が高い農家さんのところで働く場合は、農の雇用事業の方がいい(会社にとっていい)。普通に雇用してもらうでもいいと思います。←提出書類がなくて楽。
てきとーに農家さんを選ぶのではなく、自分がやりたい農業のやり方をしている(もしくは近い)農家さんのところで働きましょう。
正反対の所で働いても知識は身に付きますが、いざスタートすると、自分で一から考えなくてはいけません。一年に一度しかできない作物なら時間がもったいないです。
各市町村の農業支援を行っている担当者の方に、こんな農家さんはいるかどうか聞いて、自分の理想とする農家さんを見つけることが最短就農への近道です。

認定新規就農者になれました~!!
RIMG0476.JPG


経営開始型について

就農までの流れ

収支計画書について




a:868 t:1 y:0